<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ムール貝

お昼にマルシェでムール貝を1ℓ買い、白ワインで蒸した。
そのまま食べてもおいしいけれど。
食べ切れなかったムール貝とそのスープが色んな料理に化けました。フランス食材ってたのしい。

c0149535_332359.jpg

ムール貝のパスタトマト風味。シブレットを添えて。
左にあるのは、パセリのジュレのハムと、牛タンのジュレ。


c0149535_3353358.jpg

ブイヤーベースのスープとパン。

c0149535_3374926.jpg

ムール貝のスープで作った、ズッキーニのリゾット。ブリーチーズとコンテチーズで風味付け。
[PR]
by hirumaikumi | 2008-06-30 03:40

Palais de Tokyo

c0149535_603617.jpg

パレ・ド・トーキョー「SU-PER-DO-ME」展
逆さに立つ象
時速600キロで発射されるビール瓶(見えない)
部屋一面のごみの山
現代アーティストの作品が、刺激的に展示されている。ごみの山の中には2階建ての建物になっていて、ごみに差し込まれたチューブに這いつくばって入っていくとさまざまな部屋が作られていて、読書部屋や瞑想部屋やベット工具がごみにまみれて現れる。一度に2人しか入れないこの部屋は、美術館に居ることを忘れるくらいに広くて暑いルンペンの館。ぜひ、入ってみて欲しい。


c0149535_605772.jpg

フランスでも、プリクラは若者に人気でした。証明写真だけどね。
これは、日本にあったら流行りそう。



Musée d’art moderne de la Ville de Paris市立近代美術館
Bridget Riley-Retrospective-

Peter Doig
[PR]
by hirumaikumi | 2008-06-29 06:24

Musee du Quai Branly

c0149535_543172.jpg


ケ・ブランリー美術館に行きました。
2時間の散歩の末に、突如現れたガラスの壁に興奮してしまいました。エッフェル塔が透けて、ビルの中に緑の庭園があるような不思議な世界。ジャン・ヌーベル建築の美術館は、歩くだけで楽しいくて子供の博物館見学も飽きずに回れて素敵。
アフリカ・アジア・アメリカ・オセアニアの民族アートが、空中に浮くように展示されて360℃見れる美しい展示。鳥の羽でできた甲冑や、梯子の様なお面などなど、興味深い作品にあふれていました。
c0149535_5513864.jpg

c0149535_5522481.jpg

[PR]
by hirumaikumi | 2008-06-29 05:52

Bonjour

フランスにやってきました。
c0149535_7304958.jpg


天気もよくて
おいしいものに溢れています。


c0149535_7314074.jpg

サン・ジェルマン・デ・プレにあるピザ屋さんのパニーニとピザ。煉瓦の窯があり、注文するともう一度焼きなおしてくれる。パリでは、外にある席に人が集まっているけれど、ここのお店は地下で食べると価格が半分くらいになって安く食べられる。地下も煉瓦作りでかわいい。

c0149535_7332020.jpg

バスティーユにあるレストラン街は、どこも楽しそうな食事風景にあふれていて、散歩しながら人の食事風景を覗くだけでも楽しい。入ったお店CAFE DIVANのランチメニュー。カンタルチーズが焦げた鶏肉にバルサミコソースとジャガイモのピュレ。白ワインと一緒に食べると夢のような味でした。

c0149535_7461715.jpg

[PR]
by hirumaikumi | 2008-06-28 07:46