<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Souffleur de verre

c0149535_720579.jpg

お隣の町Mehun sur Yevreに、女子美の陶芸コースの先輩がガラス工房をしているという事を聞いて、訪ねてみました。

c0149535_7224517.jpg

Souffleur de verreというガラス工房は、以前消防署だったとう事で、広々。
ギャラリーも併設していて、ガラスの窯がいくつも並び、作品作りの工程を見ながら作品を鑑賞できる贅沢な空間。

c0149535_721741.jpg

そんな、素敵な工房をお持ちのお二人。Okamoto Satoshi et Yuriko
ゆりちゃん先輩は妊娠中にもかかわらず、吹きガラスの様子を見せてくれました。見る見るうちに、ワイングラスが棒の先に作られていきました。
息の合ったコンビネーション。ほんとうに、きれいだったな。

Souffleur de verre
5rue Henri Boulard 18500 Mehun sur Yevere
ガラスの体験もできるそうです。



Mehun sur Yevreは、磁器の生産で有名だと聞きました(灯台下暗し)。九月には、磁器の工場見学に行きたいと思います。なんといっても、ローカル線は、心地いいし綺麗。
c0149535_7242190.jpgc0149535_7252526.jpg
[PR]
by hirumaikumi | 2008-08-23 07:51

BCCKSで本をつくる

c0149535_8264241.jpgこども の まわり

BCCKSで本を作りました。
[PR]
by hirumaikumi | 2008-08-22 08:31

日曜日の踊り

c0149535_9365616.jpg

日曜日、カテドラル前の公園は陽気な音楽と踊り
[PR]
by hirumaikumi | 2008-08-12 07:11

Astier de Villatte

c0149535_71337.jpg

Astier de Villatte
[PR]
by hirumaikumi | 2008-08-10 07:05

スーパーにて

スーパーに行くと、見慣れた光景。

c0149535_8195730.jpg

日本だと、お刺身コーナー。



c0149535_8203818.jpg

フランスは、ケーキコーナー。

日用品には、その国の生活スタイルが出てくるから見ていると楽しい。チーズコーナーやヨーグルトコーナーの種類は桁違いだと思っていたけれど、こんなケーキコーナーは日本のスーパーで見た事無かったな。
1ホール、アップルタルトだと5ユーロ程度、クリーム系のケーキは10ユーロくらいからあって、かなりお手ごろ価格ですよ。
おひとついかが?
[PR]
by hirumaikumi | 2008-08-09 08:30

combats

c0149535_542343.jpg
c0149535_541027.jpg


c0149535_5424335.jpg

[PR]
by hirumaikumi | 2008-08-07 05:45

marcher sur un sol etranger

c0149535_652971.jpg

[PR]
by hirumaikumi | 2008-08-05 06:56

タモりさんの餃子

c0149535_23302616.jpg

タモリ倶楽部の餃子作りを見ながら、タモさん印の白菜のみの餃子を作って見た。甘くってジューシーでおいしい。皮もぱりぱりです。
ついでに、ラーメン屋で飲む(タモリ倶楽部)も見てしまったので、ビールがおいしい。

c0149535_23314345.jpg

昔ながら?のフランスの小麦粉は、パッケージがかわいい。
もちろん皮は売ってないので、全てが手作り餃子。パラダイス山本の言うとおり、生地を三時間寝かせたり。久しぶりに小麦粉だけど捏ねれてたのしかった。そしてなにより時間がかかった分おいしい。


最近の日本食作り二品。
c0149535_2332449.jpg
c0149535_23332310.jpg

夏ですね。
今日は、寒いけれど。
[PR]
by hirumaikumi | 2008-08-04 23:39

Versailles

c0149535_3292664.jpg

ヴェルサイユ宮殿に行ってきました。
観光客で賑わう、一大テーマパークのような印象の切符売り場を突破すると、ルイ王朝の「最も大きく、もっとも豪華な宮殿」がお目見えする。細部の細工なのど、今まで見たお城の中でもっとも細かく、ベットの天井からはピンク色の羽がそそり立っていた。
工芸品の数々はほんとうにすばらしい仕上がり。グロテスクな窓を留める金具や、大理石に見せかけた木のペイント。ルイ14世のこだわりが伺える。

c0149535_3294619.jpg

手入れの行き届いた庭園と、広大な迷路を鳥に案内されながら抜けると、マリーアントワネットの離宮に到着する。
さらに置くへ進んでいくと、世界遺産の番組を見て以来ずっと見て見たかった藁葺きの家の村が現れる。藤森建築のようなかわいらしい屋根と、白鳥が住む架空の村 Le Hameau。
ヴェルサイユである事を忘れる心地よさ。
[PR]
by hirumaikumi | 2008-08-01 03:41